FX初心者向け

FX MT4マルチタイム移動平均線を表示するインジケーターの設定方法 MA Lock

せっかく長期足できちんと分析したのに、ついついトレード中に短期足ばかりにフォーカスしてしまって長期の流れを無視して失敗してしまった

こんながっかりした経験したことをある方もいるかもしれません。。。

今回はこのような状況を解決するために、短期足チャートに長期足の移動平均線を表示するインジケーターをご紹介しようと思います。

ココアちゃん
ココアちゃん
一度使うと便利で外せなくなります

マルチタイム移動平均線とは?

通常の移動平均線は、選択された時間足チャートにその時間足に対応した移動平均線が表示されます。

マルチタイム移動平均線は、選択された時間足チャートと異なる時間足の移動平均線を表示することができるため、1つのチャートでいろいろな時間足の移動平均線を表示することができるとても便利なインジケーターなのです。

MT4上にマルチタイム移動平均線を表示するインジケーター(MA Lock)をダウンロード

MA Lockをダウンロード

MA Lock – indicator for MetaTrader 4をは、MQL5にあるのでMQL5のサイトにいきましょう。

MA Lockをのダウンロード方法

MT4上にマルチタイム移動平均線(MA Lock)の設定方法

マルチタイム移動平均線(malock.mq4)を格納

①先ほど自分のPCにダウンロードしたmalock.mq4をコピーします。

②MT4 のメニュー [ファイル] – [データフォルダを開く]の中にあるMQL4\Indicatorsフォルダに先ほどダウンロードしたmalock.mq4を格納します。

③格納したらインディケータの上で右クリックで「更新」をクリック

④更新を押すと、malockがナビゲーター上に追加されます。

※ナビゲーターが表示されていない場合は、MT4上の[表示] – [ナビゲーター]をクリックすれば表示されるよ。

マルチタイム移動平均線(MA Lock)を設定する

マルチタイム移動平均線(malock.mq4)の設定画面を開く

ナビゲーター上のmalockをダブルクリックして設定画面を開きます。

こんな設定画面がでてきます。

マルチタイム移動平均線(MA Lock)の設定方法

MATF 表示させたい移動平均線の時間足を設定します。左側赤の数値で入力します。

5=M5(5分足)
15=M15 (15分足)
30=M30(30分足)
60=H1(60分足)
240=H4(240分足)
1440=D1(日足)
10080=W1(週足)
43200=MN(月足)

MAPeriod MATF で設定した時間足の移動平均の期間を設定します。

例えば、MATF を 15 にしてMAPeriod を20 にすると、15分足での20日移動平均線、ということになります。MATF を 60 にしてMAPeriod を20 にすると、1時間足での20日移動平均線、ということになります。

MAMethod 表示したい移動平均の種類を選択します。

0:SMA(Simple MA:単純移動平均)
1:EMA(Exponential MA:指数平滑移動平均)
2:SMMA(Smoothed MA:平滑移動平均線)
3:LWMA(Liner Weighted MA:荷重移動平均線)

MAPrice どの価格を適用するかを設定します。

0:CLOSE
1:OPEN
2:HIGH
3:LOW
4:MEDIAN
5:TYPICAL
6:WIGHTED

とくにこだわりがなければ、0:CLOSEでOKだと思います。

MAShift 移動平均線を前後にどのくらいずらす(シフト)のかを設定します。

シフトするつもりがないならば、0のままでOKだと思います。

マルチタイム移動平均線(MA Lock)の実際の設定例

マルチタイム移動平均線(MA Lock)の実際の表示例

1分足チャートに、1H 20EMAと15分足 20EMAを表示させるとこのような感じになります。

マルチタイム移動平均線(MA Lock, malock.mq4)のダウンロードはこちらから

MA Lock (malock.mp4)
をMQL5からダウンロード

 

ココアちゃん
ココアちゃん
ぜひ使ってみてね!

 

RELATED POST